【全国統一高校生テストまであと5日】模試直前にやるべきこと | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 6月 16日 【全国統一高校生テストまであと5日】模試直前にやるべきこと

東進ハイスクール調布校のブログをご覧のみなさんこんにちは!本日のブログは担任助手2年佐伯が担当します!!

いよいよ全国統一高校生テストまであと5となりましたが対策や準備は順調に進んでいるでしょうか?

今回のブログは模試直前ということで”今だからこそやるべきこと”をみなさんに紹介していこうと思います!模試直前の勉強方法が分からない方はぜひぜひこの先も読んでみてください!!

1.基礎知識の確認

模試を受けたことがある人なら分かると思いますが、基礎知識で解ける問題で間違えることほど悔しいことは無いですよね。また、基礎中の基礎を直前に確認することによって応用的な問題を解けることもあります。つまり点数を少しでも上げたい人は基礎知識の確認を怠ってはいけないのです!

それでは、主要3科目の基礎知識の確認事項を自分なりに考えてみたので読んで実践してみましょう。

英語:英語の音声を聞いて耳慣らし

普段日本語を話し・聞いている私たちですが、突然英語が流れて果たしてすぐに適応し、理解することができるでしょうか。つまりすぐに適応できるようになるために直前に対策を打つべきなのです。どんな教材でも大丈夫です。模試開始直前や会場に行く途中でもいいので英語の音声を聞いておきましょう!得点アップに繋がります。

数学:基本の定理・公式+解法を確認

いままで解いてきて間違えた問題のノートを取っていることが理想的ですが、それができていない人は教科書やテキストなどの例題を解いてみて、解けなかった問題の定理・公式を確認する作業はとても大切になってくると思います。また、今後のためにも間違えた問題を蓄える自分専用ノートを作っていない人はいますぐ作ってみてください!必ずみなさんの助けとなります。

国語:古文・漢文の基礎知識を確認

残念ながら現代文は直前に得点をあげることが難しい科目です。なので長期的にコツコツとインプット、アウトプットを積む必要がありますね。

一方、古文や漢文は直前の勉強で点数アップにつながりやすい科目となっています!古文は、助動詞の意味・活用・接続と敬語の種類・敬意の方向などの確認。漢文は句法・再読文字の確認。古文漢文の基礎知識の確認はそこまで時間がかからないからこそマストです。いますぐ実践してみてください!

 

2.今後とも模試を活用しよう

今回、全国統一高校生テスト前ということで直前にやるべきことを触れてみましたが今後の模試でこれらをやることを怠ってはいけません。みなさんの本番は模試ではなく大学受験なのですから受験が終わるまでのすべての模試の直前でこの作業をするべきなのです。

知識は蓄積です。より多くの知識を定着、蓄積させて大学受験まで走り切りましょう!!

 

改めて、全国統一高校生テストまであと5日!悔いが残らないような直前期の過ごし方、模試の活用をしていきましょう!(今後、調布校のブログで担任助手が模試の活用法を紹介していくので具体的にどうすればいいかわからない人は要チェックです)ファイティン!!!

次回の更新は18日(木)小林担任助手です!みなさんお楽しみに!!!