大学学部研究会について | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 9月 1日 大学学部研究会について

みなさんこんにちは!担任助手2年の栗田です。

とうとう今日から9月ですね!充実した8月は過ごせましたか?

今日は8月に実施された大学学部研究会についてお話したいと思います!

そもそも、大学学部研究会ってなに??という人も多いのではないでしょうか?

大学学部研究会とは

大学学部研究会は、日本を代表する大学の教授から、人生を懸けて取り組んでいる研究内容の講義を受けられる貴重な機会です!

大学での学びは、受験勉強とは異なり、答えのない問いに対して果敢に挑戦していくものです。各分野での最先端の研究と、先生方のメッセージを直接受け取り、

みなさんが大学で何を学ぶのか

これからの人生をどう生きていくのか

を考えるきっかけになったと思います。

 

今年度は残念ながら会場実施は中止となり、オンラインでの開催になりました。しかし、その分自宅でも貴重な授業を聞くことができる良い機会になったと思います。

開催された講義は、文系から理系まで、幅広い内容がありましたね!最近の状況をふまえ、コロナに関連する授業もあったのが個人的にはとても興味深かったです。

受講してみて

さまざまな教授の授業を聞いて、みなさんはどう感じましたか??

大学での講義はこんな感じなんだなと少しでも様子がわかったり、さらに興味が深まったり、自分の価値観が広がったり…と各々感じたことが多々あると思います。

受講後の作文は書きましたか?

自分が感じたことや考えたことを文章にすることで、頭の中が整理でき、夢や大学受験に向けてさらに一歩前進できると思います。

ぜひ感想を担任助手に教えてくださいね!待ってます!!

 

次回の担当は藤井担任助手です!お楽しみに~~