併願校の重要性 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 10月 3日 併願校の重要性

ブログをご覧のみなさんこんにちは!!

本日の担当は中西担任助手に順番を飛ばされた小林です!!

最近台風やらなんやらで気候が不安定ですがみなさん体調は大丈夫でしょうか・・・。

しんどいかもしれませんが地球に文句を言っても仕方ないので頑張って行きましょう!!!

さて、本題はといいますと「併願校の決め方」

ということでみなさん、自分が受験する大学はある程度固まってきたでしょうか・・・。

焦れ!!とはいいませんが早いうちに決めておくことで受験日が判明するのでそこからの逆算がしやすくなり、より勉強が効率化すると思います!!

そして!!

受験校の日程を調べてみて連日厳しい日程が続くことがわかったそこのあなた!!

「いやゆーていけるよ~」って思ったそこのあなたです!!

きついヨ!!

受験の本番というのはわかってはいても精神的に疲労がたまるものです。

なので人にもよりますが連戦は3日が限度だと思います。

最後だから頑張れる!!という人は受験してもらって大いにかまいませんがかなり厳しい戦いになることを忘れないでください!!!!

ここからは少し個人的なアドバイスになってしまいますが、何事においても準備というのはすごく大切になってくると思います。

スポーツでもそうですし、受験でもそうですよね。

そういう意味では、受験日の前は2日ほど空くのが理想だと思います。

2日あれば十分にその大学の対策の最終確認ができますし、本番にむけたメンタルも作りやすいと思います。

どうしても厳しい日程になる人の方が多いと思うのであくまで参考程度にしていただければと思います。

10月になり受験が近づいてる感がかなり増してきていると思いますが、心は熱く、頭は冷静に、計画、実践、反省を繰り返し、第一志望合格に近づいて行ってください!!!

以上です!!

明日は矢野担任助手!!!

 

 

 

 

過去の記事