悩み続けること | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2019年 11月 30日 悩み続けること

大学に入学して、8ヶ月が過ぎたことに驚きを隠せない西野です。

全国統一テスト、有名難解大模試がおわり、結果が良かった人、悪かった人さまざまだと思います。良かった人は、夏まで頑張ってきてよかった、このまま継続して勉強しようとポジティブな気持ちになった人も多いと思います。あまり、結果が残せなかった人は、このままで間に合うのかな、と心配になっている人もいると思います。

わたしも受験生のころ、同じような悩みを抱えていました。

高3のなつやすみは、苦手な朝も克服し、開館から閉館まで毎日登校していました。基礎マスターも手を抜かず、誰よりもやった自信があります。毎日計画的に受講、過去問をこなしていた私ですが、夏後に迎えた模試では思ったようにうまく成績が伸びくれませんでした。そこまで、メンタルが弱くなかったわたしですが、さすがにその時ばかりは担任助手に泣きついたのを覚えています。その時のメモには、第一志望を変えようとしている、就職も考えている、大学に行きたいというモチベーションが下がっていると書いてありました。なかなか深刻だったことがわかります。

けれど、当時を振り返って、ほんとうにそのまま継続して勉強し、第一志望を変更しなくてよかったと思っています。わたしは今、自分が望んでいた勉強、友達がまわりにあります。この大学の学生でよかったと学校に行く度に思います。みなさんにも、ぜひそうなってほしいです。志望校で悩んでいる生徒のみなさん、諦めずに最後まで第一志望を目指してほしいです。

そこには、自分の望んだ環境が広がっています。

志望校が決まっていない低学年のみなさん、自分のやりたいことが見つかる機会が、東進にはたくさんあります。12月にある渡辺先生の公開授業も将来を考える良いきっかけです。ぜひ、参加して、自分の未来について考えてみましょう。

最新記事一覧

過去の記事