第一志望合格を果たした勝因 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2019年 2月 25日 第一志望合格を果たした勝因

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

本日の担当は髙橋です!

 

まず最初に、今日と明日は国公立大学の試験が行われますね…!!

国公立志望の皆さん、ここまで本当によく頑張りました!!

試験日程が私大に比べ遅いため、皆が続々と入試を終えていくなか、しんどいなと思った時もあると思います。

 

しかし、ここまで継続してきた努力は何かしらの形で必ず実を結びます!

本番で解けない問題ばかり出たとしても、最後まで諦めずに頭を働かせ続けてください。

 

笑顔でまた登校してきてくれることを楽しみにしています!心から応援しています!!

 

 

さて、今回は、私の担当生徒で、見事第一志望校合格を果たした生徒の紹介をします。ここでは仮にAさんとさせていただきますね。

 

Aさんは高2の夏から東進で勉強を始めました。水泳のクラブチームに所属していて、特に高2の間は練習も多く、非常に忙しい日々を送っていました。

 

しかしそんな忙しい中でも、受講は1週間にこれだけやる、という分は確実に進め、高速基礎マスター
短期集中で終わらせていました。グループミーティングやHRもほぼ毎回出席していました。

 

ゴールから逆算して、いつまでに何を終わらせなければならないのかを明確にし期日とやることを決め、そして、それを計画通りに実行していく。私が言わずとも、自分で考えて学習を進めていました。

 

私から見ていて、彼女の努力量が圧倒的に増えたなと感じたのは、夏期合宿に参加したあとでした。

 

レベルの高いクラスで、周りに負けまいと5日間勉強した彼女は、その後の夏休みも、そしてもちろん秋以降も、ひたむきに努力し続けました。

 

受験勉強もラストスパートとなり過去問を解き始めてからは、過去問演習量は十分に確保しつつ、失点分析や問題傾向の確認を細かく行い、受講の復習や問題集での演習を丁寧に行なっていました。

 

私は、最後までひたすら努力し続けたこと、そして、うまくいかないことがあっても前を向いてやるべき学習を明確にしたことが、彼女の勝因だと思っています。

 

 

今年、予想していた以上に私大の絞り込みが激しくなりました。合格するだろうと思って出願した大学もうまくいかなかった受験生がたくさんいます。

 

高1・2生の皆さん、来年はさらに状況は厳しくなります。

 

毎日登校毎日勉強するのはもちろんのこと、効率的な勉強方法を考え計画的に、かつ目的をもった勉強をすることが求められます。

 

今の努力量は足りていますか?

 

自分は十分頑張っていると思う人もいると思いますが、1分1秒をもっともっと大切にすれば、自分の天井は上げられます。できることは広がります。

 

ぜひ、ここから全力で、1,2年後まで前を向いて駆け抜けていってほしいと思います!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

明日のブログの担当は新井担任助手です。

 

それでは、明日のブログも

Don’t miss it!!

 


調布校からお知らせです。

東進ハイスクール調布校では現在、新年度招待講習を行っております。

この時期はまだ早くない?

期末試験終わってからでいいや。

と思っている人もいると思います。

しかしそれでは遅いです!

周りの人より早く始めていればいるほど合格は近づきます。

早い人は夏から始めています。

悩んでいる時間はもったいない!

無料新年度招待講習を活用してみませんか?

3/13 までのお申込で3講座

3/20 までのお申込で2講座

3/27 までのお申込で1講座

を受講できます。

新年度招待講習でライバルと差をつけよう!

 

フリーダイヤル:0120-104-305

過去の記事