12月までに…! | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2019年 12月 2日 12月までに…!

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

本日の担当は、木下です。

受験生の皆さん、とうとう12月に突入しましたね。

11月は第一志望校の過去問演習を10年分修了させようと演習に励んでいたと思いますが、

11月を振り返ってみてどうでしたか?

過去問が思うように進まなかった人、新しい受講に追われていっぱいいっぱいだった人も少なくないと思います。しかし、11月を過ごしてみて、過去問演習の計画の立て方・復習方法はある程度掴めたのではないでしょうか?

11月の反省と自分の成長を信じて、全ての勉強を終わらせるつもりで12月は臨んでください!

というのも、1月に入ると、センター試験があり、それが終わればもう入試が本格的に始まります。

みなさんは精神的にも、肉体的にも、慌ただしい日々を送ることになります。

そんな時に、12月にやらなければいけない過去問演習や復習などを1月に持ち越すことはかなりリスクがあります。つまり、入試前までに勉強が終わらない可能性があるということになるのです…!

みなさんには、

1月2月はとにかく演習をこなしていく!!

という状況になっていてほしいと思います。

志望校別単元ジャンル演習や、志望校の他学部の過去問など、アウトプット➡︎復習のサイクルをどんどん回していき、どんな問題に出会っても対処できる力をつけていきましょう。

改めてみなさん、受験科目の中で苦手な範囲はありませんか?

苦手な範囲や曖昧な知識が自分にあると思い当たる場合は12月中に全て解決させましょう!

そしてもう1つ。

第2志望以降の過去問演習は進めているでしょうか?

自分の志望校レベルの過去問が解けるから、それよりレベルの低い過去問を解けると思っていませんか?

それは、大きな間違いです!!!

たしかに大学のレベルを下げると受かりやすいことはあるかもしれませんが、大学のレベルを下げたからといってその大学に合格できるとは限りません。

それは、大学によって問題が違い、自分に合う問題と合わない問題があるからです。

第一志望校とかなり違う傾向で問題が出題されると、いつも研修している過去問と大きく変わり、点数が取れないことは多々あります。(第2志望校以降も過去問分析が必要になるということですね…!)

第2志望以降の過去問演習も、必ず年内には解き切りましょう!

分量は、

第2志望校:5年分

第3志望校:3年分

を目安に、担任の方や担任助手の方と相談して決めてください!

皆さんが大きく成長する12月になりますように。私たちも心から応援しています。

ラストスパート!頑張っていこう!!!

 

最新記事一覧

過去の記事