卒業する担任助手からの挨拶 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2020年 5月 9日 卒業する担任助手からの挨拶

みなさんこんにちは

東進ハイスクール調布校の西野です。このような形で最後を迎える形になってしまい、非常に残念ですが、みなさんにこのブログで最後のメッセージをお伝えしようと思います。

今回は、みなさんに「なんでもできる」ということをお伝えしたいと思います。たぶん、十数年間の人生で、幾度と無く「なんで勉強しているのか」考えたことがあると思います。その答えは人によって違います。望んでいる職業に就きたいから、誰かを超えたいから、専門的な知識をつけたいから、、、さまざまだと思います。私が勉強する理由は、将来やりたいことに出会ったときに、できるようにするためです。

みなさんはなんでもできます!

勉強することは、自分の可能性を広げるツールです。今はまだこの重要性を理解することは難しいと思いますが、将来きっとわかる日が来ると思います。その日が来たときに後悔が残らないようにいてほしいです。それが今私が伝えられるメッセージです。

最後に、受付で話しかけてくださった生徒のみなさん、担当生徒にみなさん、関わってくださった方すべてに感謝いたします。みなさんのひたむきに夢に向かって頑張る姿をみて、私も一歩踏み出してみようと思いました。これまでの東進生活をどこの場面を切り取っても素敵な思い出ばかりです。これからは、みなさんとは別の道に進むことになりますが、影ながら応援しています。

みなさんに素敵な未来があることを願っています

 

西野久美子