自己紹介ブログ~村瀬~ | 東進ハイスクール 調布校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 5月 30日 自己紹介ブログ~村瀬~

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

新しく担任助手になりました、村瀬 優奈(むらせゆうな)です。

今は東京農工大学工学部生体医用システム工学科に通っています。

これからどうぞよろしくお願いします!

今回は簡単な自己紹介と受験を終えて皆さんに伝えたいことを書こうと思います。

自己紹介

出身高校:三鷹中等教育学校

部活:書道部(中高)

受験科目:数学(ⅠAⅡBⅢ )、化学、物理、英語

趣味:読書、昼寝

ちなみに1年の女性担任助手の中では唯一の理系です!

話すことはそう得意ではないですが、勉強のことでも雑談でも話しかけてくれれば何でも聞くので気軽に話しかけてください!

 

受験を終えて

私は周りの人が受験モードになっていったのを見て焦りが出てきて高2の11月ごろに東進に入学しました。

このころ志望校も決め、将来したいことも定まりましたが、当時の私はなかなか受験勉強への意力が出ず、東進にもたまにしか行かずに家でのんびりと勉強していました。

この時点で周りの受験生とだいぶ後れを取っていて、学校の進度も特に理科はやや遅めだったので、高3になってからもなかなか点数が取れませんでした。

高3になってからギアが入り、夏休みもかなり勉強に専念することができました。

しかし、二学期になり、クラスメイトと夏休みの勉強についての話をしているとあることに気づきました。

夏休みの勉強時間だけでいうと、私はかなり多いほうだったのです。

私の当時の成績でいうと志望校には到底届かないにも関わらず、「夏休み勉強頑張ったし」と言って9月以降の勉強時間が大幅に減ってしまったのです。

そんな状態が続けば当たり前ですが成績は伸びず、現役合格に対して諦めの気持ちが生まれ、「浪人すればあと一年残っている」と言い訳して苦手だった物理の勉強をおろそかにしていました。

冬前からはまたやる気が出て勉強に励んでいましたが、結果としてもちろん第一志望校には受からず、第二志望校の東京農工大学に後期で合格し、進学しました。

浪人を選ばずに農工大に進学したことを後悔していないかと言われれば、まだはっきりと答えることはできませんが、進学したからこそ今できているこの担任助手としての仕事を全うしようと思っています。

 

私が受験を通じて皆さんに一番伝えたいことは「自分に言い訳しない」ということです。

努力量は自分の気の持ちようで簡単に変わると思っています。

自分が自分に甘くなれば当然努力しなくなりますし、自分に厳しくなれば常に努力しようと思い続けられます。

そして、言い訳をしていれば自分にどんどん甘くなります。

人に何と言われようと結局自分が自分に対して一番甘く、そして一番厳しくいられるのです。

厳しくしすぎる必要はありませんが受験においては自分への厳しさも求められます。

皆さんには私のような後悔を持ったまま受験を終わらせてほしくはありません。

だからこそ担任助手として全力で大学受験のサポートをしていきたいと思っています。

終わりに

自分の気の持ちようが大事といった趣旨の話をしましたが、受験までずっと気を張り続けることはとても難しいと思います。

しんどくなる前に気軽に相談してきてください!

親、先輩、友達、担任助手、etc…誰でもいいので気軽に相談できる相手を作ることもとても大事です!

最後まで全力で応援しますのでよろしくお願いします!

明日の自己紹介ブログは田中さんです。