ブログ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ 

2017年 11月 18日 やりたいことが多いこの時期

皆さんこんにちは!

 

中間テストと文化祭のおかげで忙しい武藤です!

 

皆さんもそろそろ冬休みに入るこの時期、過去問だったり受講だったり参考書だったり、やりたいことが多すぎてとても忙しいと思います。

そんなわけで今回は、そんな冬の勉強法について書いていきます!

 

まず、勉強を始める前に1番重要なことは、計画を立てることです。

計画を立てずに目の前のことにあれもこれもと手を出していては入試本番に間に合わなくなってしまいます!

それを避けるために、計画を立てることは大事なことなんです!

 

では、どう計画を立てればいいのかというと第一志望校に合格した自分を想像して、そこから逆算して計画を立てるのが1番良いと思います!

難しいかも知れませんが、ぜひ挑戦してみて下さい!

 

次に今やるべき事についてです!

 

もちろん、まだインプット学習が終わっていない人はそれをやらなければいけませんが、入試も近くなってきたこの時期、そろそろアウトプット学習と過去問の比率を上げていかなければなりません。

 

確かにインプットがなければアウトプットは出来ないのですが、時間の無いこの時期はもう同時並行くらいのペースでやっていきましょう!

そして、しっかりと志望校の過去問を分析して、見事第一志望校合格を掴みとりましょう!

 

それでは明日のブログも〜

Don’t miss it!

2017年 11月 17日 過去問が重要なのは自明である。

調布校のブログをごらんの皆さん、こんにちは!

サークルの友人が現役の担任助手だったことが判明し、大変話が盛り上がりました、増田です。

お昼を一緒に食べながら東進あるあるを話してました。

さて、今回は12月上旬までの勉強についてのお話です。

第一志望のかこもんっ!!

私大受験の皆さんに関してはこれです。

過去問!!それ以外の何物も求められていません。かこもん。受験生のみなさんに厚く立ち塞がる壁もひらがなにすると可愛く見えますね。

まず理由は、私大受験の皆さんの本番は私大だからです。

センターレベル模試は基礎学力の定着度の指標として非常に優秀なものです。

で、す、が!!

センター利用を利用することがあるにしても、本番の私大の一般入試の当日の点数とは一切関係ありません。極論を言ってしまえばセンターで仮にマークミスをして0点でも一般入試の日に合格者最低点を取ればいいのです。センター過去問も大事ですが、もっと大事なものは私大の過去問

そこで、重要になるのが過去問をしながらいかに基礎学力を維持するかです。

ここで忘れちゃいけないのが二点

①私大の過去問ノートを作って過去問、復習を毎日する。

過去問ノートがめちゃくちゃきれいである必要はありません!!自分にとって見やすくて分かりやすければいいのです!!

②週に一度 基礎学力のメンテナンスの日を作る。

難しいものばかり解きすぎて、基礎を忘れたわからない…なんてことにならないように頑張りましょう!継続は力なり!! 

これを徹底してください!

明日の担当は武藤担任助手です。

明日のブログも

Don’t miss it!! 

2017年 11月 16日 忘れちゃいけない二次試験!

調布校ブログをご覧下さっている皆さま

こんにちは!

今日の担当は、最近マニュアル車で自動車学校に通い始めもうそろそろクルマが嫌いになりそうな藤原です!オートマチック車で通えばよかった…笑笑

 

いよいよ冬休みが近づいてきました!

受験生は定期試験も高校生活最後になりますね!バランス良く、後悔ないように勉強してくださいね!

さてさて冬休みはセンター試験対策に沢山の時間が割かれると思いますが、そんな時期でも忘れちゃいけないのが二次試験の勉強です。皆さんも経験したことがあると思いますが、二次試験レベルの問題は、数日間解かなかっただけでも次から解く際に体感の難易度は上がります。

ましてや約1ヶ月に渡って勉強しない日が続くとそれはもう解けなくなってしまいます。

だから、どんな時でも、

二次の勉強は忘れないでください!

バランスの目安は

センター対二次=9-8対1-2

です。

二次試験の勉強に関しては特に、

英語や数学など、

触らないと勘が鈍って困る教科からやりましょう。

センターの勉強に関しては、今一度自分の目標点と、現状を比較してみてください。

得意分野を伸ばすのか、苦手分野のフォローに回るのか、全体的に少しずつ上げるのか。人それぞれ点数の上げ方は変わってきます。

また、例えば8割とるという目標に対して、漠然と全体で8割を目指すより、この大問では何問取って、何ミスまで大丈夫なのか、そんな風に細かく考えると、力配分が出来るようになるので案外簡単な目標に思えます。

いやいやそれでも難しいよ…やばいよ…というみなさん!

病は気から。つまり、出来る!と思う事こそが1番の出来るようになる要因なんです!

今は、本番で、出来る!と思えるように毎日少しずつ勉強していく時期です。迷わず、焦らず、着実に。しっかり進めて行きましょう!それでも不安な方はまず、考え方を変えていきましょう。自分以上に自分の味方をしてくれる人は居ません。今までに自信が持たなければ、

今日、これから、今から!

自分を信じれるような行動をしていきましょう!!

高1、2生の皆さんはいよいよ学年の切り替わり時期になりました。学内での立場の変化など、たくさんストレスがかかる時期だとは思いますが、やはり今でも思う事は

高2の間にセンターもっとやっとけば良かった…!

ということ。大変なこともあるとは思いますが出来ることから確実に学習を始めて行きましょう!

 

くれぐれも寒さ、インフルエンザには気をつけてくださいね!

明日は増田担任助手です!

どんとみすいっと!

2017年 11月 15日 やった気になっているそこの君!!!

東進ハイスクール調布校のブログをご覧の皆様!こんにちは!

昨日、ピアノの実技試験を終えて少しホッとしている藤廣です…

 

今回は「12月上旬までの勉強」について話したいと思います!

が…皆さん、高速基礎マスターは完全修得していますか?

過去問分析ノート復習ノートは作っていますか?

 

…今の時期というのは、高1・2生は新しい授業を受け始めたり、高3生は受講も終わり、それぞれの状況に応じて過去問演習などを始める時期です。

そのような大事な時期にやっていても実のならない演習を行っていては、はっきり言って

意味がありません!

そこで今回は、高3生の過去問演習ノートに記載する際のポイントをお話ししたいと思います。

 

まず、各志望大学学部ごとにノートを作り、

①大問ごとの傾向をまとめる

過去問を解いていく上で、自分が受験する試験の傾向が分かっていないと対策が出来ないので、大切なステップです。

②弱点=間違えた問題を抜粋する

みなさん、過去問を解いて間違えた箇所を確認した後どうしていますか?

復習した後、何度も解ける状態にまとめてありますか?

抜粋してノートにまとめることで、間違えた問題だけをいつでも解き直すことが出来ます。

③なんで間違えたのか、どこが分からなかったのかを分析して書く

ただ解答を見て納得するのではなく、どうしてその答えに至ったのか、また、どこで間違った解釈に至ったのかを自分で分析することが実力に繋がる第一歩です。

分析することを通して、基礎に立ち返ることになるので、自然と基礎に触れることにもなります。

 

センター試験、そして2次試験まで残りわずかになってきました。

後悔のないように私たちも精一杯背中を押しますので、一分一秒も無駄にせずに毎日を過ごしていきましょう!

明日のブログはしっかり者の藤原担任助手です!

次のブログも…

Don’t miss it !!!!!

2017年 11月 14日 本気の冬

調布校ブログをご覧の皆さん!こんにちは!

今日の担当は最近、生活が苦しくなってきて七月ぶりに自炊を再開したです。

今回のお題は、冬休みの勉強ということで一、二年生、特に二年生向けに書いていきたいと思います。

一、二年生の皆さんは冬休みはいっぱい遊ぼうと考えてるかもしれませんが、勉強も忘れてはいけません。特に二年生の皆さんは、遊んでばっかいられないですよ!

林先生の有名な言葉を紹介します。

「受験にはフライングもスピード違反もない」

そうなんです。受験にはフライングもスピード違反もないんです!そして、受験において、受験する約一年前の学力が非常に大きく結果に影響すると言われています。

自分の行きたい大学、やりたいこと、夢が決まってる人等々いると思います。

目標が決まってるなら、走り出しましょう。夢、目標を実現するには然るべきプロセスを踏まなければなりません。受験がうまくいかなかった人(私もそうです)は口を揃えてこう言います。

「時間が足りなかった。」

しかし、そういう人も必ず一年前には同じように、本当に行きたいところに行きたいなら早く始めよう!と言われているはずです。その時は信じていなかったんですね。私も。

正直をこう言われても信じられないし、何したら良いのかさっぱり分からないと思います。

がむしゃらでいいと思いますし、近くにいる先輩や大人、家の近くの塾に聞きに行くでもいいと思います。とにかく何もしてない時間なくして、一生懸命勉強してみてください。(オススメなのは英単語を覚えたり、英文法の総復習、数学の終わっている範囲までの総復習などです。)

この冬、本当に頑張れた人は受験が終わったらきっと口を揃えてこう言うでしょう。

「あの時頑張っておいて本当によかった。」

この私の話を信じる信じないは自由ですが、やってる人はもう始めています。夢、目標が決まっているなら後は走り出すだけです。いち早いスタートダッシュで合格を掴みとってやりましょう。

明日の担当は藤廣担任助手です。

明日のブログもーーー!

Don’t Miss It!!!!