ブログ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ 

2018年 5月 24日 楽しいだけではない授業!

皆さん、こんにちは。
新しい生活にやっと慣れてきた木下です。

と言っても毎日忙しくて大変です…皆さん一緒に頑張りましょう

今回のテーマは、

大学の授業について」!!


私は法学部に通っているので、憲法や民法、裁判についてなど学んでいます!
どの授業も知らなかったことを知れてとても楽しいですが、

法律についてばかり学ぶわけではありません。
青山学院大学法学部は、4つのコースに分かれています。
そのうちの1つに
“ヒューマンライツコース”
というものがあります。
ヒューマンライツコースは、

NGOなど国際機構関係に興味がある人へ向けたコースです。
その中のヒューマンライツコースの現場と言う授業では、

現代の世界で起こっている社会問題などについての
ビデオを視聴し、その問題の原因は何か、どのように対策していくべきかをグループで話し合います。

今の時代に沿ったテーマなのでニュースでも見かけるものが多いのですが、

ニュースだけでは知ることの出来ないことや現状を知ることが出来ます。

(なので、少し辛かったりもします…)


この前は、孤独死についての話し合いを行いました。日本で今起きている社会問題です。
今まで耳にしたことはあってもきちんと考えるのは初めてでした。


“楽しい”や”面白い”授業ではありませんが、

自分が毎日過ごしている中で考えたことの無いことを考える良い機会になっています。

その問題について知らないことは調べ、沢山考えて、ほかの人の意見を聞く事で
自分の物事への視野が広がります!


このように大学の授業は種類が様々です。
大学のパンフレット等に授業についての説明もあると思うので、是非興味のある授業や成長できそうな授業を
探してみて下さい!

明日は小林一平担任助手です。
 

それでは明日も、

Don’t miss it!

2018年 5月 23日 他人から学ぶこと

調布校のブログをご覧の皆さん

こんにちは!

本日のブログ担当は金児(かねこ)です。

 

今回のテーマは「大学の授業について」ですね!

 

他の担任助手の方々のブログにもある通り、

大学では皆さんが受けたいと思う授業

自由に受けることができます。

 

私が通っている早稲田大学では、

自分の学部だけでなく

他学部の授業も選ぶことができます。

 

また、留学支援が充実しており語学の授業の質が高いこと、

企業で働く方著名な方がお話してくださる授業が多いことなど、

好きなことを学ぶ環境

としてはとても整っていると思います!

 

 

私は数学科なので

授業の半分くらいは数学です。

が、数学の話では読む気をなくしてしまう方も多いかもしれないので…

 

今日は

「人材育成学」

という授業についてお話します!

 

この授業では事前に教科書を読み、

考えたことをレポートにまとめてきて、

ディスカッションします。

まだ人材になれていないのに人材育成について語るんですね(笑)

 

内容は、

労働と宗教、人的資源とは、キャリア形成…などなど

企業における労働に関することです。

 

教科書には経営の専門用語が多く、

新しい知識を得られることもこの授業の魅力です。

 

が、私がなによりこの授業の面白さだと感じている部分は、

教授や先輩方のお話です。

 

大学では今まで以上に、

友人や先輩など周りから学ぶ

ことが多くなると思います。

 

この授業では、

インターンの経験やそれぞれの専門分野のお話、

今現在の社会で起きていることなど、

自分が知らないことを多く学ぶことができます。

 

友人や先輩、教授など、周りの人の話を聞くことで、

自分の知らなかった世界

を知ることができます。

 

 

皆さんも大学で

自分の学びたいこと

を見つけてほしいと思います!

 

このブログが皆さんの

志望校合格へのやる気に繋がると嬉しいです!

 

明日の担当は木下担任助手です。

それでは明日のブログも

Don’t miss it !!

2018年 5月 22日 専門外の授業

調布校ブログをご覧のみなさん、こんにちは!

本日の担当は、最近やっと大学での90分授業に慣れてきた遠藤です。

今回のテーマは大学の授業紹介でしたね!

私は理工学部化学系の学問に通っていますが、

今日は造形・デザイン論という授業を紹介したいと思います。

ここまで読んで、

え!?、化学系なのに造形?デザイン?と思った方も多いとおもいますが、

大学によっては、一般教養科目という専門外の科目を受けられるしくみがあります!

造形・デザイン論もその一般教養科目のうちの1つで、

授業の内容はルネサンス期の美術に親しむというものです!

実際に、どんなことをするのかというと

2人組でペアをつくって、片方の人が絵を見てもう一方の絵を見ないでいる人に説明し、そのもう一方の人はそれがどんな絵か想像します。

想像と実物がかけ離れたものだったり、逆に意外にも一致したりして非常に面白い授業です!

他には、別人が描いた2つの酷似した絵を比較して相違点を見つけるという授業があり、

いままで何となく見ていた美術作品への見方が変わり、非常に興味深いものでした!

このように、大学では専門外でも自分の興味のある授業を受けることができ、自分の見方も広がります。

みなさんも興味のあることにどんどん挑戦してみてください!

明日は、金児担任助手です!

それでは、明日のブログも

Don’t miss it!

2018年 5月 20日 第二外国語とは

 

調布校ブログをご覧の皆様、こんにちは。

調布校担任助手の新井粛弘です。

 

今回のテーマの大学の授業です。皆さんの知っている通り大学では自分の取りたい授業を取ることができます。

しかし、そんな本人の意思に反して必修の授業を履修する必要があります。しかもこの必修の単位を落とすと来年次、再来年次といつまでも生徒につきまとい続けるのです。

 

この文章を読んで「必修だるいなぁ。」「受けたくないなぁ。」と思わせてしまったら申し訳ないです。

実は、必修は自分のやりたいことではないただのつまらないものではないのです

そんな必修の授業のうちの一つとして、これから大学に入学する人の多くが取ることになるであろう第二外国語について話したいと思います。

 

僕は、大学の第二外国語として朝鮮語(韓国語)を取りました。この言語を取った理由は日本と韓国の距離的な問題や数年前に始まった韓流ブームに際して、これから必要になる機会が多くなると思ったからです。

 

この朝鮮語の授業は週二回あります。最初の授業はオリエンテーション、その次は発音の勉強といったように段々とステップアップしていき、つい先日全てのハングルの発音をマスターしました。

そして、私はあることに気が付きました。

朝鮮語にハマっていたのです。

全ての発音をマスターしたその日に朝鮮語の単語帳を買い、家に帰ってからもひたすら音読をしていました。ハングルを読むのが楽しくて毎日楽しく友達と問題を出し合って遊んでいます

このように、自分の好きなものを見つけることができるのも大学のいいところだと思います。みなさんも色々なことに挑戦していってください。

 

明日の担当は壱貫田担任助手です。

明日のブログも

Don’t miss it

2018年 5月 19日 自ら学ぶ

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

本日の担当は、担任助手の同期がだいぶいなくなってしまって非常に寂しいです!

さて皆さん今回のテーマは大学の授業の紹介です。

私は現在、会計学科で勉強をしていて、国枝担任助手と同じようなことを学んでいます。

授業の大半は会計学についてです。会計学と一口に言ってもいろいろありまして、

会計、簿記、原価計算、監査論、財務諸表論、商法などなどたくさんあります!

(これ以上にまだまだたくさんあります。。。)

私が通っている専修大学はめちゃくちゃ会計学を専門としている先生がとても多く

会計に関する授業が盛りだくさんあります。

その中でも私は、財務会計の授業について紹介したいと思います。

 

そもそも財務会計とは何かと言うと、ある会社の経営状態を外部の利害関係者に対して明示するために、

財務諸表というものを作ったり、その分析をしたりします。

最終的にどんな事を目的にこの授業を行っているかと言うと、

 

実際に企業の財務諸表を考察してその会社の経営がうまくいっているのか、いっていないのか

どういう原因があってその様になっているのかなどを出来るようにする。

実際に財務諸表作成の原理を学習する。

 

まだ授業が始まったばかりなので、なかなかまだ深いところまでは学べていませんが。。。

 

では授業で現在どのようなことをやっているかと言うと、財務諸表を作るに当たって必要な

貸借対照表などの見方を学んだり、正しい財務諸表を実際に作成して

考察してみたりなどをしています。

と言った感じです。高校生の方はまだ大学の授業がどのようなことをやっているのかを

イメージはピンときていないとは思いますが、

私としては高校の時と違い、実際に社会に出てから使えるような学門ばかりが揃っていて

授業がとても楽しいです!

 

話は少し変わるのですが、

大学というのは高校までとは違い

自らが学びたいことを学び、さらに深めていく場所です。

高校までは受動的な学習が基本でしたね。

私はとても今楽しいですが、正直興味のない学部にもし行っていたら

全く授業とか大学自体が楽しくないものになっていたんだろうなぁーと感じます。

なので!!

高校生の皆さんは志望校志望学部についてもう一度考えてほしいなぁと思います。

その大学のその学部が本当に自分のやりたいことなのか、もし決まっていないのであれば

自分は大学やそのさきでどんな事をやりたいのかなどを整理すると良いと思います。

大学受験はあくまでも自分が将来やりたいことへの通過点です。

やりたいことがしっかり決まっている人は

勉強へのモチベーションが高いし、身が入っていると思います。

まだ将来やりたいこと決まっていない受験勉強に疲れてしまった受験生や、

低学年の方は是非担任助手の授業紹介ブログをみて

やりたいことや学びたいことを模索してみてほしいと思います!

明日のブログの担当は1年生担任助手の新井さんです。

明日のブログもーーーーーーー

Don’t miss it !!!!!!!!

 

最新記事一覧

過去の記事