ブログ | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ 

2018年 1月 18日 一発勝負!

東進ハイスクール調布校のブログをご覧の皆さん、

こんにちは!

単位を取るためにテスト勉強に奮闘中の中村です。

まずは受験生の皆さん、センター試験お疲れさまでした!!!

満足のいく結果だった人も、そうでない人もいると思いますが、どちらにせよここからが第一志望の合否に直接絡んでくる戦いが始まります。

満足のいかない結果となってしまった人もここからの切り替え次第で逆転合格がまだまだ可能です。

逆に、良い点を取れて浮かれている人は、一般試験の対策をしっかりしていかないと足元をすくわれてしまいますから、もう一度気合を入れ直さなくてはなりません。

そこで今回はセンター試験を終えてからやるべき勉強をお伝えしていきたいと思います。

とは言っても、センター試験後の勉強と言われても大体察しが付いてると思いますが、すなわち過去問のオンパレードです!!

センター試験の勉強を始める前は取り組んでいたと思うので分かると思いますが、一般試験は大学によって出題傾向が本当に様々ですよね。

これは対策をしない限り合格を手繰り寄せることは厳しいでしょう。

参考までに、私がこの時期にやっていた過去問演習のプロセスをお伝えします。

 

①問題を解く

2周目ならばスピードも意識しつつできると良い。

②わからなかった問題を復習

解答を閉じてもう一回答案を作成する。←これ絶対にやる!!

③間違えた問題に似ている基本問題を解く

私は数学では青チャートを使っていました。

④間違えた問題に似ている応用問題を解く

東進の授業で使ったテキストは先生が言っていたポイントなども呼び起こすことができるのでオススメ!!

 

こんな感じの流れを延々と繰り返していました。これを1日に2年分ずつくらいはやっていました。

ぜひ参考にしてみてください!!

ここからはメンタルの勝負です。行き詰ったり自信がなくなったりしたらいつでも相談に乗るので校舎に来てくださいね!

最後までご覧のいただきありがとうございました。

明日のブログは担任助手です!

それでは明日も!!

Don’t Miss It!!!!!!

2018年 1月 17日 センター後

調布校のブログをご覧のみなさんこんにちは!

今日の担当はです。

 

とうとうセンター試験も終わりましたね。

 

大変お疲れ様でした!!!

 

結果はみなさんそれぞれだと思いますが、

終わったものは終わりました。

 

少し厳しいかもしれませんが、

現状取れた点数では、どこの大学が取れそう

どこのラインは厳しそうなのか、

というところは自分の中で把握してほしいです。

それによっては受験大学を増やす必要があったり、減らすことができたりします。

 

増えた場合にはその大学の対策もプラスでやらなければいけません。

またその分を考慮したこれからの予定立てをする必要も出てきます。

 

思うところはたくさんあると思いますが、

今は冷静にこれから何をすべきか、を考えましょう。

 

これから皆さんに待ち受けているのは二次試験、私大の一般入試ですよね。

ゆっくりしている暇はありません。

 

センター試験の反省点はぜひとも次の試験で活かしてください!!

 

 

ここから本番までは、限られた時間の中で

どれだけ質の高い演習ができているかが重要になってきます。

 

過去問については、まだやっていない年度が残っているのであればそれは早急に終わらせて

2周をガンガンやってください。

 

この2周目で本来は100点を取って当たり前、だと思っています。

(実際は私は取れませんでしたが…)

2回目で間違えるということは復習が完全ではありません

もし2回目で間違えるような問題があるならば、

結構な反省モノだし、自分の弱点だと思ったほうがいいです。

 

私は復習を怠ってしまい後悔しているので、

過去問をやる際には次で満点を取れる復習にこだわってください!

 

あと少しではありますが、まだ時間はある、やれることはたくさんあります。

ラストスパート全力でやり抜きましょう!

 

体調管理にはぜひ気を付けてください!

 

 

心から応援しています!

 

明日のブログは中村担任助手です!

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

2018年 1月 16日 1点にこだわる勉強を!

調布校ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

今日のブログは、髙橋が担当させていただきます。

 

まずは、2日間のセンター試験、本当にお疲れさまでした…!!初めての受験で、うまくいった人もいれば、そうでない人もいると思います。

でも、まだ受験は始まったばかりです。

私大志望の方は、すぐ個別試験が始まります。切り替えて対策をしていきましょう!
国公立志望の方は、センター試験の結果をふまえて、二次試験で何点取れば合格できるのか合格するためには各科目何点取らなければいけないのか、具体的な戦略を考えていきましょう!

 

***

 

今回のテーマは「二次試験に向けての勉強の仕方」です。

冒頭でもお伝えしましたが、目標得点を科目ごとに設定するのは非常に大切です。過去問を復習する時にも、目標得点に達していない部分をどのように補うのか、といったことを考えやすくなるからです。

「まだ目標得点が明確でない!」という方は、早急に設定しましょう!

 

 

さて、皆さんは、合格するためには今どのような勉強をしなければいけないと思いますか?

 

たくさん答えはあると思いますが、私は、「点数を取る勉強」だと思います。

よくHRなどで横田校舎長もお話されていたと思いますが、試験に出るのは難問ばかりではありません。

試験問題のうちの大部分は、標準レベルの問題です。そして、合否を分ける応用問題が少しあり、難問は全体の20%くらいしかありません。

 

そのうち、皆さんが取らなければいけないのは、標準レベルの問題と合否を分ける応用問題です。

これらの問題を取るためには、普段の過去問演習で、自分が得点するべき問題を見極めて解くことが重要です。過去問演習をするときは、本番だと思って、1点にこだわってやりましょう。

 

そして、過去問演習や応用問題を解きつつも、基本を確認することを怠らないようにしてください。

「解説を読んでわからないと思ったところが、実は受講でやった内容だった」なんてことがありませんか?

少し不安になる部分があるのであれば、復習の際に、基本に抜けがないか考えてみて、テキストや教科書を確認しましょう。

 

難しい問題を解くことに目がいきがちになる時期ですが、基本の確認も忘れないでください。

 

ここからの勉強の密度によって結果はどうにでもなります!!最後まで駆け抜けていきましょう!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

明日のブログの担当は、最近うま辛棒の美味しさに気付いた、泊(妹)担任助手です!笑

それでは明日のブログも

Don’t miss it!!

2018年 1月 15日 二次大戦のために!!

調布校ブログをご覧の皆さん

こんにちは!西郷です!

ひとまず、センター試験お疲れ様でした。

採点をしてみて、うまくいかなかった点やいった点色々あると思います。本番を受けて見てとてつもなく疲れていると思うので今日はゆっくり休んでください!

しかし、決起会でお話しした通り落ち込むのは今日だけにしましょう。

明日からは二次対策にしっかりシフトしていけるように気持ちを切り替えていってください。

さて今日のテーマですが「二次への時間の使い方」です。

国公立の人は特にセンターとの兼ね合いが鍵となってくるので担任と面談をして勉強の施策を早急に練りましょう。

良くも悪くもセンターが終わった分、対策科目が減りますので科目ごとの時間配分は予定が立ちやすいと思います。

今まで過去問が十分にできていなかった人はなるべく早く傾向を知ることをお勧めします。なぜなら、知っている方も多いと思いますが一般入試は問題のクセがすごいからです。

難易度を易しくして合格最低点をあげる大学や、誰も解けないだろ!!という問題を多く出題して合格最低点を低くする大学など本当に様々なのです。

評判であれこれ言われますが自分で解いてみなければ実際の手ごたえが分からないので対策は十分にしておいてください!

このようなことは国公立だけでなく私大にも当てはまるので短い期間かと思いますが受験する大学は最低でも3年は解いておきましょう。

早い人は一月の終わりから一般入試が始まるので私が書ける受験前最後のブログとはなりましたが担任助手一同心から応援しているので後悔しないように全力で臨んでください!

明日は高橋です!

それでは明日も~

Dont miss it

 

2018年 1月 14日 第二次大戦

調布校ブログをご覧の皆さんこんにちは!

担任助手の国枝です。

本日はセンターの二日目となります。昨日で終わりの人は、ここでいったん一区切りがついた!休憩!ではいけません

ここからは誰もが私大、二次国公立に向け追い込んで勉強していきます。

少しでも休んだら差がついてしまう可能性は大いに有り得ます。切り換えて質、量ともに上げていきましょう。

二日目がまだある方々、もし昨日悪くない手応えがあるのであれば最後まで気を抜かずやりましょう!

もし昨日あまりよくなかったという方々がいるなら、昨日の失敗を気にする必要はありません。

今日で挽回できる可能性はあります。最後まであきらめずにがんばりましょう!

さて、センターが終了すると先にも述べたとおり次は私大、二次国公立があります。

人によって始まる時期は異なりますが、時間が限られているということは同じだと思います。

ここから先何をやる必要があるか。

それは言わずもがな過去問ですね。

しかし後先考えずに過去問をやっていくのでは意味がありません。

手をつけない過去問があるまま試験日がきてしまいます

ですので、試験日から今日までを逆算して勉強をしていってください。

試験日まであと何日残っていてどの過去問をどういった順番でいつまでに終わらせるのか。

これを計画的に行っていけるかどうかで勝敗は大きく変わるでしょう。

また残り限られた時間どういったことをしていけばよいか。

僕は私大までの残り一ヶ月、ひたすら制限時間内に解ききれるようにする特訓をしていました。

これといった特別なことはしません。

全体の制限時間内に終わらせるためには個々の大問の制限時間内に解けるようにしなくてはいけません

そのため、まず大問ごとに制限時間を、足して全体となるように分配します。そこから若干縮めた制限時間を設定しま

す。その大問ごとの制限時間で過去問を解くようにし、その時間をオーバーしたら続けず切り上げるというようにやって

いました。そうすると時間に対する意識が変わり、過去問を解いているうちに時間内に収まるようになりました。

努力次第で自分の状況は変わっていきます。今後は追い込んでやっていかなければなりません。

ですがそれは必ず結果につながります。あきらめずに最後まで粘りましょう!!

明日のブログは西郷です。

Don’t miss it!!!!

最新記事一覧

過去の記事