模試を受験する意味とは | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2019年 2月 6日 模試を受験する意味とは

調布校のブログをご覧の皆さんこんにちは!!!

担任助手の齋藤です。

 

最近とても寒くなり、全然家から出る気にならないです、、、

巷ではかなりインフルエンザが流行っているそうですね。

皆さんも体調を崩さないようにしっかり予防などして下さい!!

 

 

さて、今日は模試受験の意義についてお話しします!

 

皆さんはなぜ模試を受けるのでしょうか。

先日行われたセンター試験同日体験受験も多くの人が受験したと思います。

 

皆さんは受ける意味をしっかりと分かっていたでしょうか。

担任助手の先生に受けてね~と言われたから申し込んでなんとなく受けたという人も中にはいるのではないでしょうか。

 

では、模試を受ける意味について話します。

 

まず、現時点での自分の実力を知ることができます!

誰もがしっかりと毎日勉強していると思います。

そこで、模試によって短期的に自分の実力を計ることができます!

 

ここで一番大事なのは模試の結果ではありません!

 

その結果を受け止めた後の自分の行動です。

誰しも、模試を受けて各教科、ここの範囲はできたとか、個々の範囲はできなかったという分析ができると思います。

 

出来た範囲は嬉しいだろうし、出来なかった範囲は悔しいと思います。

そして、色々な感想を持った後に、次は出来なかった範囲をどのように出来るようになるか考えることが大事です。

自分の勉強法を振り返って改善をしたり、もう一度勉強した範囲を復習したりするなどすると思います。

 

また、現時点での自分の実力と、自分の志望校に合格した先輩の点数を知ることができます。

それによって自分があとどの程度、どのくらいの期間で伸ばさなければいけないのかが明確にわかります!

なので、復習の仕方や、勉強法の改善など、短期間の間に模試のおかげで見直すことができます!

また、先輩との得点差がわかることで勉強のモチベーションも上がると思います!

このような模試の意義を分かったうえで模試を受験しましょう!!

 

また、2月の生徒説明会ではこの時期の勉強法について、横田校舎長がお話ししてくださいます!

ぜひ参加しましょう!

 

明日は高橋蘭担任助手!!

 

最新記事一覧

過去の記事