1月 | 2020 | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ 2020年01月の記事一覧

2020年 1月 17日 センター同日体験受験模試まであと1日!

東進ハイスクール調布校のブログをご覧の皆さんこんにちは!

担任助手2年の矢野です

肌寒い日々が続きますが皆さん体調は大丈夫ですか?

受験生の皆さんは特にこの時期にインフルエンザになってしまうと周りの人に大きく差をつけられてしまう可能性が高いので、手洗いうがいなど基本的なことからしっかりやっていきましょう!

 

さて、ついにセンター試験本番がついに明日行われますね。

 

受験生の皆さんは今まで自分がやってきたことを信じて、試験会場では自分が一番出来るんだくらいの自信を持って試験に望んできてください。

うまくいってもいかなくても、センター試験がゴールではないです。結果に一喜一憂せず最後まで駆け抜けましょう!

 

低学年の皆さんもセンター同日体験受験模試を受ける人が多いと思います。

今回の同日体験受験模試には共通テスト予想問題型センター試験問題型があります。

 

多くの人が共通テスト予想型を受験するのではないでしょうか。

 

共通テストは来年から初めて導入されます。なので当然過去問がありません。

いかに早くこの問題形式に慣れるかが、来年の試験本番での明暗を分けます。

その意味でもこの模試を受験、受験後はすぐに復習し経験値を蓄えましょう!

 

まだ、申し込みが出来るのでまだ申し込んでいない方はすぐに申し込みましょう!

 

受験生の皆さんも、高校1、2生の皆さんも、明日全力を出し切ってきてください。

スタッフ一同調布校から応援しています!

 

2020年 1月 16日 チャンス

こんにちは、西野です。

ついにセンター試験まで残り日となりました。受験生の皆さんは特に時の流れの早さを感じているのではないでしょうか。特に最後の一週間は早かったと思います。皆さんのやってきたことは間違っていません。振り返ることはいつでもできます。今は目の前にある試験、目標に迷わず突き進んでください。

 

自分はあと一年と思っている高校2年生、まだまだ受験まで余裕があると思っている高校1年生。その考えは甘いです。

「まだ」ではなく、「あと」という意識を持ちましょう。

とは言っても、なにからやって良いか分からない人も多いと思います。そのために、【共通テスト予想問題型、センター試験問題型】

模試が用意されています。私も、なんとなく自分の実力なら行きたい大学に行けるのではないかと高1の冬までは思っていました。しかし、本番同様の試験を受け、自分の実力ではまだまだ足りないことを数字で実感しました。

あと一年、二年ではありますが、ここで苦手ややるべきことを見つけられた皆さんはまだまだ合格の可能性があります。

 

皆さん、自分の実力から逃げていませんか?

受験とは挑戦です。自分から挑んでいくものです。

 

そのまま逃げ続けていいと思いますか?

この機会を活かすも活かさないもみなさん次第です

2020年 1月 15日 センター試験同日体験受験まであと3日!

みなさんこんにちは!
調布校担任助手の栗田です。


いよいよセンター試験まであと3日となりました!!

体調管理をしっかりして本番を迎えましょう!

 


センター試験まであと3日ということは、センター試験同日体験受験までもあと3日ということですね!

特に高校2年生はセンター試験で使用する全科目を受験すると思います。が、今回この同日体験受験を通して、センター試験で必要な全科目を受ける重さを感じてほしい思っています。


今までの模試では、大多数の人が国数英しか受験してこなかったと思います。

今回理社も受けることによって、全然わからない!と焦ってほしいです!

東進生はもうすでに受験生として志高く勉強をしているという前提で話しますが、理社の学習を本格的に開始し、少しは知識が増えてきたと思います。

その中で、今回同日体験受験を受け、わかるところが増えたことの喜びを感じるとともに、わからないところの多さに勉強の足りなさを感じてほしいです。

特に国公立を目指す人は、科目数が多いため、全科目を受けた後の疲労度だったり、全科目を均等に勉強し、点数を取るためには今後どのように勉強していけばいいかを考える良い機会としてください。

 


いないとは思いますが、まだエンジンがかかっていない高校2年生のみなさん。

今回の同日体験受験をきっかけに自ら考えを改めてくれると信じています。

同日体験受験の感想はぜひ担任助手に話してくださいね!

 


ちなみに、今回の同日体験受験には共通テスト予想問題型センター試験問題型があります。

東進生は基本的に共通テスト予想問題型を受験すると思うので、どんな感じなのか体験してきてください!

2020年 1月 14日 センター試験同日体験受験まであと4日!

こんにちは!担任助手1年の山崎です!

今日は2020年1月14日。つまりセンター試験まで残り4日となりました。

受験生の皆さんはもちろんのこと、低学年の皆さんも同じ日に行われるセンター試験同日体験受験に向けて準備はできていますか?

この体験受験には、【共通テスト予想問題型】 と 【センター試験問題型】の2種類の受験方法があります。

東進生の皆さんは基本的に共通テスト予想問題型での受験となっています。なぜならご存じの通り来年度の入試にはセンター試験はありません。じゃあ共通テストの予想問題を受けようよ!ってことです^^

記述の導入などで右往左往している共通テストですが、1番の大きな変化は英語の配点だと思います。

従来のセンター試験では、《筆記:リスニング=4:1》でしたが、共通テストでは《筆記:リスニング=1:1》までにリスニングの比重が大きくなっています。

今まではリスニングが苦手でも筆記でよい点数が取れればあまり問題はない試験の形式でした。しかし、この配点になるとそういうわけにはいきません。

リスニングに関して、苦手だからできないなどと考えている人はいませんか?

そう考えてしまうと『苦手』を『得意』にしないといけないと考えてしまい、またリスニングへの苦手意識が高まってしまいます。

 

そこで!考え方を変えてみてほしいのです!

苦手だからできない」のではなく、「できないから苦手」なのです(よく考えると当たり前ですね^^)

簡単なことですが、リスニングに限らずこの考え方は大事だと思います。少しずつでいいので、まずは「できない」を「できなくはない」、そしてそれを「ちょっとできる」にする。この積み重ねが「できない」を「できる」に変えていきます。(つまり『苦手』が『得意』に!)

と、ここまでは考え方を変えるだけなので簡単ですが、難しいのはここから。そのために何をやるか、です。リスニングの勉強に関していうと、例としてまず挙げられるのは高速基礎マスターの音声学習です!使ったことのない生徒の皆さんも多いと思うので、ぜひ一度使ってみてください!

高速基礎マスターの音声学習では、単語や熟語、文法などの講座で音声を自動再生して学習できます。スマートフォンのアプリで簡単にできるので通学中にもオススメです!(自転車運転中はできませんが…)

他にも学校の授業中でやるリスニングや、高校のネイティブの先生との会話(自分が話すことで英語⇔日本語のスピードが上がるのでおすすめ!)、YouTubeなどで英語の音源を聞く、洋画を字幕で見る、など身の回りにたくさん教材はあります。

 

新高3の皆さんは来年の共通テスト本番まで残り368日です!長いようで本当にあっという間なので、今のうちから対策を始めましょう!

2020年 1月 13日 センター試験同日体験受験まであと5日

皆さんこんにちは!

調布校担任助手の三澤です。

最後のセンター試験まで5日です。

高校3年生はこの日のために夏から(早い人は春先から)対策を開始してきたと思います。

今までやってきた事を信じてテストに臨みましょう!ちなみに直前期に新しい解き方や解く順番を変えることはあまりオススメしません。

僕は去年直前期に解く順番を大幅に変えてしまい英語に関しては6月の模試より低いという悲惨な目にあってしまいました。

高校2年生はもう受験まで1年を切ってしまいます。今までサボっていた人も残り1年という節目を機に毎日登校毎日受講に挑戦してはどうでしょうか?高校3年生になってからは全国の受験生ががんばり始めます。少しでも周りと差を付けて高校3年生に進級しましょう。

高校1年生で塾に通っている人は少ないと思います。みんなより受験に対する意識が高く、素晴らしいのに東進に通っている生徒を見ると月に数コマしか受講していない人が目立ちます。もったいないです、、、1月25日にあるトップリーダーと学ぶワークショップ等利用してモチベーションをアップしよう!!

また高校1,2年生はセンター同日体験を必ず受験しましょう!2つの型があり共通テスト予想問題型は来年の試験傾向に対応している問題が出ます。

センター試験問題型は学校などで共通テスト予想問題を1回受験する!という人におすすめです。

12