何を学ぶか | 東進ハイスクール調布校|東京都

ブログ

2018年 5月 16日 何を学ぶか

調布校ブログをご覧のみなさんこんにちは。

担任助手を2年目もやらせていただきます(基本土日しかいませんが)国枝です。

この前までいた同期や上級生が次々に引退し、新しいチームとなりました。

寂しい反面新鮮な気持ちです。

引退された方々、お疲れ様でした!

今回は、大学の授業について紹介したいと思います。

第一志望に向けて日々頑張っているとは思いますが、いざ大学に入ったらどういうことを学ぶのかなど、わからないことがたくさんあると思います。

ですので、少しでも大学について知ってもらい、より大学への興味をもってもらいたいです。

僕は経営学部に所属しており、現在は会計学科で会計について学んでいます。

会計とは簡単に言ってしまえば、お金の管理です。しかし、会社におけるお金の動きですので、規模はかなり大きいです。

ただ、もちろんお金のことだけ学ぶわけではありません。企業の法律についてや、株式などの話もあります。

1つ、とても身になる授業を紹介します。

それは、会計学の授業です。

この授業は少し特別で、1人の先生による授業ではありません。先生ではなく、実際に企業で働く方(例えばティファニーの元副社長)や、公認会計士の方をお呼びして講義をしてもらう授業です。

この授業の何がいいか。

それは、実際の企業の実態や経営方針、どれだけ儲けているかなどを具体的に知ることができることです。

いずれ社会人になることを考えると、とても勉強になります。

僕の場合は、こういった分野にとても興味があったので、こっちの道に進みました。

まだ志望校が決まっていない人は、まず自分が何になりたいか何に興味があるかを考えるといいと思います。

次のブログは髙橋です。お見逃しなく。

最新記事一覧

過去の記事